OpenSea

【OpenSea】NFTの作り方を画像を使って分かりやすく解説

【OpenSea】NFTの作り方を画像を使って分かりやすく解説

世界最大規模のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」では、自分が作ったデジタルアートなどの作品をNFTとして発行して販売することができます。

今回はOpenSeaを使ってNFTを作成する方法について、画像を使いながら分かりやすく解説していきます。

コインチェック

OpenSeaの登録

まずはOpenSeaのサイトにアクセスして、登録を完了させましょう。

OpenSeaの公式サイト

詳しい登録方法については下記の記事をご覧ください。

OpenSeaとは?特徴から登録方法まで解説
OpenSeaとは?特徴から登録方法まで画像を使って分かりやすく解説NFT初心者の方向けに、世界最大規模のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」の特徴から登録方法まで画像を使いながら分かりやすく解説していきます。...

コレクションを作成

OpenSeaの登録が完了したら、次にコレクションを作成します。
※フォルダの作成に手数料(ガス代)は発生しません

プロフィールのアイコンにカーソルを持っていき、「My Collections」をクリックします。

My Collectionsをクリック
引用:OpenSea

「Create a collection」をクリックします。

Create a collectionをクリック
引用:OpenSea

「Create your collection」という画面が開いたら、それぞれの項目を入力していきます。

こちらはNFTを作成するページではなく、作成したNFTを管理するページになります。

「Logo image(ロゴイメージ)」(必須)
→ナビゲーションに使用される画像で、350 x 350のサイズが推奨されています

「Featured image(注目の画像)」
→コレクションを紹介するために使用される画像で、600 x 400のサイズが推奨されています

Create your collection 1
引用:OpenSea

「Banner image(バナー画像)」
→コレクションページの上部に表示される画像で、1,400 x 400のサイズが推奨されています
→デバイスによってサイズが変わるため、この画像にテキストを入れすぎないようにしてください

「Name(名前)」(必須)
→コレクションの名前を入力します(すでに使われている名前は使用することができません)

「URL」
→OpenSea内の自分のページのURLを設定できます

Create your collection 2
引用:OpenSea

「Description(説明)」
→コレクションの説明文を入力します(Markdownの構文に対応しています)

「Category(カテゴリー)」
→カテゴリーを追加すると購入者が自分の作品を見つけやすくなります

「Links(リンク)」
→自分のWebサイトやSNSアカウントのリンクを貼り付けることができます

Create your collection 3
引用:OpenSea

「Royalties(使用料)」
→自分が発行したNFT作品が再販(転売)された際に「使用料として購入代金の一部を作成者(自分)に支払う」といった設定ができます(現在は最大10%まで設定できます)

Royalties(使用料)を設定する場合は、Royaltiesを受け取る自分のウォレットアドレス(Your payout wallet address)を入力します

「Blockchain(ブロックチェーン)」
→どのブロックチェーン上でNFTを発行するか選ぶことができます
→現在はEthereum(イーサリアム)上で多くのNFTが発行されています

「Payment tokens(支払いトークン)」
→特に操作する必要はありませんが、表示されているトークン以外を希望する場合は「Add token」から選ぶことができます

Create your collection 4
引用:OpenSea

「Display theme(テーマを表示)」
→作品の表示方法を選ぶことができます

「Explicit & sensitive content(露骨で機密性の高いコンテンツ)」
→自分の作品が露骨で機密性の高いコンテンツの場合は設定しておきましょう

Create your collection 5
引用:OpenSea

入力が完了したら「Create」をクリックするとコレクションが作成されます。

コレクションが作成されます
引用:OpenSea

NFTを作成

コレクションの作成が完了したら、いよいよ自分が作った作品をNFTとして発行します。
※NFTの発行に手数料(ガス代)は発生しません

さきほど作成したコレクションの画面にある「Add item」をクリックします。

Add itemをクリック
引用:OpenSea

「Create new item」という画面が開いたら、それぞれの項目を入力していきます。

「Image, Video, Audio, or 3D Model(画像、ビデオ、オーディオ、または3Dモデル)」(必須)
→NFTにしたい自分の作品(ファイル)をアップします

「Name(名前)」(必須)
→作品の名前を入力します

「External Link(外部リンク)」
→作品の詳細が分かるWebページなどの外部リンクがあれば入力します

Create new item 1
引用:OpenSea

「Description(説明)」
→作品の詳細な説明を入力します

「Collection(コレクション)」
→さきほど作成したコレクションを選択しましょう
→プロパティなどの設定もできます(特に必要がなければ触らなくても大丈夫です)

Create new item 2
引用:OpenSea

「Supply(供給)」
→作成できるコピーの数です(NFTの発行数)
→下のBlockchainでEthereumを選択した場合、現在は1つしか選択できません

「Blockchain(ブロックチェーン)」
→どのブロックチェーン上でNFTを発行するか選ぶことができます
→現在はEthereum(イーサリアム)上で多くのNFTが発行されています

「Freeze metadata(メタデータをフリーズ)」
→こちらの操作は今回は必要ありません

Create new item 3
引用:OpenSea

入力が完了したら「Create」をクリックするとNFTが発行されます。

これでNFTの作成は完了です!

NFT作成完了
引用:OpenSea

自分が作ったNFTを販売するには?

OpenSeaでNFTを販売する方法については、下記の記事で詳しく解説しています!

【OpenSea】NFTを購入・販売するには?
【OpenSea】NFTを購入・販売するには?画像を使って分かりやすく解説初心者の方向けに「OpenSea」を使ってNFTを購入・販売する方法について、画像を使いながら分かりやすく解説していきます。...
関連記事はこちら