マーケットプレイス

【MetaMask(メタマスク)】インストール方法と初期設定

【MetaMask(メタマスク)】インストール方法と初期設定

NFTやマーケットプレイスについて調べていると、「MetaMask(メタマスク)」という言葉を目にすることがあると思います。

今回は、MetaMaskのインストールから初期設定までの方法を画像を使ってわかりやすくまとめましたので、初めてMetaMaskに触れる方はぜひご参考にしてください。

コインチェック

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMaskは、無料で使える暗号資産(仮想通貨)を保管するためのウォレットです。

暗号資産以外にも、NFTの保管や移動、ブロックチェーンゲームを遊ぶ際など、さまざまな場面で利用されています。

なんだか難しそうに感じるかもしれませんが、「色々な機能を持ったデジタルなお財布」だと思っていただければ大丈夫です。

※MetaMaskが必要となるNFTマーケットプレイスはこちら

Coincheck NFTとは?
Coincheck NFTとは?特徴や取り扱っているNFTについて分かりやすく紹介Coincheck NFTについて初心者の方向けに、専門的な用語は避け、なるべく分かりやすい言葉を用いながら紹介させていただきます。...
OpenSeaとは?特徴から登録方法まで解説
OpenSeaとは?特徴から登録方法まで画像を使って分かりやすく解説NFT初心者の方向けに、世界最大規模のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」の特徴から登録方法まで画像を使いながら分かりやすく解説していきます。...

インストール方法

MetaMaskを利用するには、以下の2種類の方法があります。

  • Webブラウザの拡張機能(PCの場合)
  • アプリをインストール(スマホの場合)

この記事では、Google Chrome(Webブラウザ)の拡張機能としてインストールする方法をご紹介します。

Chromeウェブストアにアクセス

まずは、MetaMaskのダウンロードページからChromeウェブストアにアクセスします。

MetaMaskのダウンロードページ
引用:MetaMask

MetaMaskのダウンロードページ

MetaMaskをChromeに追加

次に画面右上にある「Chromeに追加」をクリックします。

Chromeに追加
引用:MetaMask

クリックすると、下の画像のようなポップアップがあらわれますので、「拡張機能を追加」をクリックします。

拡張機能を追加
引用:MetaMask

以上で、MetaMaskのインストールは完了となります。

新規ウォレットの作成方法

初めてMetaMaskを作成する場合、次に新規ウォレットの作成を行います。

まずは、Chromeの拡張機能としてインストールされたMetaMaskのアイコンをクリックしてください。

MetaMaskのアイコン
引用:MetaMask

クリックすると、下のような画面が表示されるので、「開始」をクリックします。

ウォレットの作成開始
引用:MetaMask

ウォレットを作成

「ウォレットの作成」をクリックしてください。

ウォレットの作成
引用:MetaMask

「プライバシポリシーはここにあります」と青字で書かれている箇所をクリックすると、個人情報保護に関する方針が記載されたページが開きます。

内容を確認して問題がなければ、「同意します」をクリックしてください。

同意します
引用:MetaMask

パスワードを作成

新規のパスワード(最低8文字)を入力します。

このパスワードは、次回以降、ログインする際に必要となりますので、忘れないようメモをするなどして保存してください。

パスワードを入力し、使用条件を読んで同意できたら「使用条件を読んで同意しました」にチェックを入れて「作成」をクリックします。

パスワードの作成
引用:MetaMask

リカバリーフレーズを保存

まずは、リカバリーフレーズについて説明した短い動画を確認し、「次へ」をクリックします。

リカバリーフレーズ
引用:MetaMask

動画はYouTubeでも確認することが出来ます。

次に、ウォレットを復元させるための「バックアップフレーズ(リカバリーフレーズ)」を保存します。

下の画面の鍵マークをクリックすると12個の英単語が表示されます。
この12単語がバックアップフレーズとなりますので、スクリーンショットを撮ったり紙にメモをするなどして必ず保存するようにしてください。

注意:このフレーズが誰かに盗まれた場合、ウォレット内のあなたの資産は簡単に盗むことができる状態となってしまうので、保管には十分気をつけてください
(口座の暗証番号などと同様、このフレーズは基本的には誰にも見せないようにしてください)

バックアップフレーズはMetaMaskの拡張機能を削除してしまった場合や、MetaMaskがインストールされているPCが故障してしまった場合など、ウォレットを復元させるのに必要となります

バックアップフレーズの保存が完了したら、「次へ」をクリックします。

バックアップフレーズの保存
引用:MetaMask

先ほど保存したバックアップフレーズを順番にクリックして並べていきます。
並べ終わったら、「確認」をクリックしてください。

バックアップフレーズの確認
引用:MetaMask

下のような画面が表示されましたら、「すべて完了」をクリックしてください。

すべて完了
引用:MetaMask

以上で、ウォレットの新規作成は完了となります。

秘密鍵の保存方法

先ほど、ウォレットを復元させるために「リカバリーフレーズ」を保存しましたが、それとは別にアカウントの「秘密鍵」を保存する必要があります。

どちらも、ウォレット・アカウントを復元するために必要となりますので、しっかり保存しておきましょう。

アカウントの秘密鍵を保存するには、まずメイン画面の「︙」をクリックし、「アカウントの詳細」をクリックします。

アカウントの詳細
引用:MetaMask

下のような画面が表示されたら、「秘密鍵のエクスポート」をクリックします。

秘密鍵のエクスポート
引用:MetaMask

さきほど、ウォレットを作成する際に設定したパスワードを入力し、「確認」をクリックします。

パスワードを入力
引用:MetaMask

秘密鍵が表示されたら、スクリーンショットを撮ったり紙にメモをするなどして必ず保存するようにしてください。

注意:この秘密鍵が誰かに盗まれた場合、ウォレット内のあなたの資産は簡単に盗むことができる状態となってしまうので、保管には十分気をつけてください
(口座の暗証番号などと同様、この秘密鍵は基本的には誰にも見せないようにしてください)

秘密鍵の表示
引用:MetaMask

以上で、MetaMaskの初期設定は完了となります。
おつかれさまでした!

関連記事はこちら