NFTについて

NFTとは?初めての人向けに分かりやすく解説

NFTとは?初めての人向けに分かりやすく解説

2021年に入って突如耳にする機会が増えた「NFT」という言葉。調べてみても難しい言葉ばかりでよく分からないという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はNFTにまだ馴染みのない人向けに、専門的な用語は避け、分かりやすい図や言葉を用いながら解説していきます。

コインチェック

NFTとは?

NFTとは?

NFTとは、ブロックチェーンにより唯一無二の「本物」であると証明されたデジタルデータのことを指します。

NFTの登場により、どれだけコピー品が出回ろうとNFTにひも付けられたデジタルデータ(デジタルアートなど)は本物であるという証明が可能になりました。(NFTは鑑定書や所有証明書の役割を担います)

ちなみに、NFTはNon-Fungible Token(ノンファンジブル・トークン)の略で、日本語に直すと「非代替性トークン」となります。

NFTの仕組み

ブロックチェーンとは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)に使われている技術のことで、ブロックチェーンに記録されたデータは改ざんが極めて困難といった特徴があります。

なぜ注目されているのか

なぜ注目されているのか

これまで、デジタルデータは簡単にコピーや改ざんが可能だったため、宝石や絵画のような現実世界にあるモノと違い、資産価値のあるものとして認めることは難しいとされてきました。

しかし、NFTによってデジタルデータのオリジナル(本物)とコピー(偽物)の区別が可能になったことで、デジタルデータも資産的な価値が認められるようになりました。

最近では、さまざまな企業や団体がNFT市場への参入を始めており、これからNFTがデジタル空間のさまざまな分野に革新的な影響を与えることが期待されています。

期待されている分野

期待されている分野

日本においては主に2021年に入ってから取引が行われるようになったばかりで、市場自体がまだ非常に新しいNFTですが、すでにさまざまな分野でNFTの活用が期待されています。

その中でも今回は、実用化が進んでいる3つの分野について紹介させていただきます。

デジタルアートなどのアート作品

NFTによってデジタルアートなど無形のアート作品に希少価値(資産価値)が生まれたため、市場でさまざまな取引が行われるようになりました。

最近では、NFTとして出品されたアート作品が数億〜数十億の金額で取引される事例が相次ぎ、アート業界で大きな話題となっています。

オンラインゲーム

ゲーム分野では、特にゲーム内で発行されたアイテムやキャラクターにNFTが活用されています。

NFTを利用することで、他のゲームでアイテムやキャラクターの使用が可能となったり実際にプレイヤー同士でアイテムの売買が可能になるなど、これまでなかった新しい楽しみ方が期待されています。

コンテンツ・IP(知的財産)

NFTによって1点モノとしてのプレミア感を出すことができるため、多くのファンが存在しているアーティストやキャラクターなどのコンテンツ(数量限定グッズなど)に対して、NFTの活用が期待されています。

また、アニメやマンガなど、特に日本は世界的に人気のあるコンテンツが豊富に存在することから、日本の強みを活かせる分野としても注目されています。

NFTマーケットプレイス

NFTは「NFTマーケットプレイス」と呼ばれるプラットフォームを利用することで、購入や販売といった取引が可能です。

現在は海外が中心となって取引が行われていますが、2021年に入ってから国内でも多くのマーケットプレイスが誕生しており、国内NFT市場の今後の成長が期待されています。

初心者にオススメの国内NFTマーケットプレイス
初心者にオススメの国内NFTマーケットプレイス3選【2021年】難しい操作が少なく初心者におすすめの日本国内のNFTマーケットプレイスを紹介させていただきます。...
OpenSeaとは?特徴から登録方法まで解説
OpenSeaとは?特徴から登録方法まで画像を使って分かりやすく解説NFT初心者の方向けに、世界最大規模のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」の特徴から登録方法まで画像を使いながら分かりやすく解説していきます。...

3つの特徴

3つの特徴

取引可能性(これまで以上に自由な取引が可能になる)

NFTに使われているブロックチェーンという技術には中央に管理者が存在せず(非中央集権的)、国や企業などに依存することなくネットワークを維持しています。

そのため、国や特定のサービスにとらわれることなく、誰もが自由に販売や購入といった取引が可能になります。

相互運用性(いろいろなサービスで取り扱える)

これまでデジタルデータ(例:ゲームのアイテム)は、そのデータを取り扱う事業者(例:ゲーム会社)が管理していたため、ユーザーがそのデータを別サービスで使用することはできませんでした。

しかし、NFTは中央に管理者のいないブロックチェーン上で作られるため、特定のサービスにしばられることなくいろいろなサービスでNFTを取り扱うことが可能になります。

プログラマビリティ(様々な付加機能をデータに持たせることができる)

プログラマビリティとは、データ自体に様々な付加機能を持たせることができることです。

例えば、「流通時(転売時)に購入代金の一部を作成者に支払う」という機能をデータに付与した場合、作成者の手から作品が離れた後も継続して収入を得ることが可能になります。

さいごに

アート業界を例に挙げると、15世紀の印刷技術の発明によってオリジナルという考え方が生まれたり、19世紀の写真の発明によって外の世界(肖像画や風景画)ではなく内の世界(自己表現)を描くアートが生まれたりと、これまで新たなテクノロジーは新たな価値観を生み出してきました。

AIやVRといった新しいテクノロジーが次々と生まれている現代で、NFTがこれからデジタル空間をどう変えていくのか、私たちの生活にどのような影響を与えるのか、今後の動向に注目していきたいと思います。